とある退院調整看護師の一日

調整退院看護師の一日の流れはどのようになっているのでしょうか。

 

とある退院調整看護師の一日の仕事の流れを見てみましょう。

 

朝8時45分出勤をします。朝は9時からの始動ですが、余裕を持たせて早めに出勤をするのが日課になります。

 

9時ナースとの打ち合わせ、入院患者、担当患者の体調の管理や状況変化などにおける情報の伝達や夜勤でのトラブルなどがなかったかナース同士での打ち合わせをします。

 

9時30分 担当患者さんに体調の変化がないかをチェックします、またこの時気になることがあれば記帳をしておきます。

 

11時 退院患者さんと各スタッフとの話を行い、退院に向けての希望や調査などと行います。この時患者さんの立場に考えできるだけ意見をするのではなくできるだけ話を聞く姿勢で臨みます。

 

12時 昼食 お昼は病院の食堂などを利用して各スタッフとコミュニケーションと取りながら会話を楽しみます。

 

13時 ラジオ体操 ミニカンファレンスを行います。

 

14時 担当患者さんとの面接ののち、記録を残したのちスタッフと打ち合わせや相談などを行います。

 

15時30分 患者さんの立場のもとで利用できる医療機関の選定、利用状況や現状などを下調べをして確認作業などを行います。また同等の地域の医療機関が他に存在するか、利用できる空きがあるかをチェックする必要も出てきます。

 

17時 病棟内をラウンド、変わったことがないか変化がないかをチェックします

 

17時30分 退勤

 

このような流れが退院調整看護師の一日の仕事内容になります。
もちろん患者さんの数との兼ね合いや、話し合いが長引いた時にはミーティングの時間が前後にことは十分にあります。

 

またこの1日の流れの中で利用できる地域の医療機関の連絡や伝達時間に時間をさくこともありますので、タイムスケジュールが前後することもしばしばあります。
前後した時には周囲のスタッフとの連携により状況に応じた業務内容にかわることもあるのです。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る