愛知県で退院調整看護師を目指すなら〜求人募集の探し方〜

高齢者が急増している愛知県では、地域の高齢者の在宅看護において、様々な地域組織(訪問看護ステーションなど)が病院看護師との連携の必要性を重要視しているようです。ここでは、退院調整看護師の役割がとても大切になっています。では、愛知県で退院調整看護師を目指すにはどうしたらいいのでしょうか?

 

退院調整室のような部署がある大規模な病院へ就職することが一つの方法です。すぐに退院調整室に配属されるとは限りませんが、退院調整業務は身近に見ることができるはずです。また、働きながら退院調整看護師を対象としたセミナーや研修会に参加して、必要な知識・技術を習得していくこともできると思います。

 

退院調整看護師が専従で働いている病院を一つご紹介します。愛知県がんセンター中央病院は、多くの診療科目を持った大規模な病院。緩和ケア部の院内サポートチームに属する退院調整室がソーシャルワーカーなどと連携して、患者とその家族の療養生活に最適な支援を行なっています。愛知県がんセンター中央病院だけでなく、愛知県の多くの病院は、患者の在宅療養における退院調整看護師の必要性を実感しているようですね。

 

愛知県でも看護師不足が囁かれていて、医療機関における看護師求人はとても多いです。しかし、退院調整看護師の募集に目を向けると、その求人数は以外に少ないことに気がつきます。需要が大きいのに求人数が少ないという現状は愛知県に限ったことではありません。配属先が退院調整部門と明示されている求人が少ないこと、専従の退院調整看護師を置いていない病院も多いことなどが求人数の少なさに繋がっているようです。

 

退院調整看護師は、ある程度の看護師経験がないとなかなかなれません。しかし、経験年数、退院調整業務能力を持った看護師は、その能力を活かしたいと考えるはずです。そのためには、退院調整部門などを設置している病院への転職も視野に入っているのではないでしょうか?

 

一つの方法として看護師専門の転職サイトの利用も考えるといいでしょう。専任のキャリアコンサルタントが、退院調整能力を持った看護師に様々なアドバイスをしてくれます。話しの流れでは、退院調整部門を持った病院を紹介してくれる可能性もありますよ。一人で転職活動を行っても大変なだけですから、各病院の事情に精通した人材紹介会社の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る