福岡県で退院調整看護師を目指すなら〜求人募集の探し方〜

退院調整看護師が病院にいる、いないは別として、全ての病院の看護師が退院調整業務に当たっていると言っても過言ではないでしょう。ここでは、福岡県における退院調整看護師の現状や求人に関して見ていきたいと思います。

 

福岡県の宗像医師会病院は、院内に地域医療連携科を設置し、入院中はもちろん、退院した患者が自宅で安心して暮らせるように、制度的な側面(福祉や保険の制度など)・在宅療養への看護的側面から患者を支援しています。このような地域医療連携科で活躍するのが退院調整看護師です。九州がんセンターでも、退院調整看護師が中心になって、地域の訪問看護師との提携で退院した患者へ様々な支援を行っていますね。また、病床156床という直方病院でも、医療ソーシャルワーカー・精神保健福祉士と共に退院調整看護師が活躍しています。

 

このような退院調整看護師を置いている病院の特徴は、地域医療に貢献することを病院の一つの目標にしていることでしょうか。福岡県では、退院した患者、特に高齢者の在宅での看護において、地域の組織(訪問看護ステーションや介護事業所など)と病院が連携していくことはとても重要。将来、さらなる高齢者の増加を考えたとき、退院調整看護師は病院・地域になくてはならない存在になると言われています。

 

まず、県内の看護師求人はそれなりの数がありますが、退院調整看護師の求人数は思ったよりも少ないという現状を把握しておきましょう。その理由を考えるよりも、少ない求人をどうやって見つけたらいいのか、ということの方が大切ですよね?と言いますのも、福岡県でも退院調整看護師になりたいという看護師が年々増加している状況にあるからです。

 

「退院調整看護師として働きたい!」と固い意思をお持ちでしたら、看護師専門の転職サイトを利用してみてはいかがでしょうか?看護師に特化した転職サイトでは、アドバイザーが希望の職場への就職・転職を徹底的に支援してくれます。希望が退院調整看護師でしたら、退院調整業務が盛んな病院への転職もフォローしてくれるはずですよ。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る