退院調整看護師とは 〜仕事内容・役割〜

退院調整看護師の仕事内容と役割について紹介します。病院には、これから先もずっと退院出来る見込みがない患者さんがたくさん入院されています。例えば、末期ガン患者、高齢により体力が衰えている人、精神疾患を患っている子供など。

 

このような方々は、これから先も治る見込みがありません。そのため通常であればずっと病院のベッドの上で生活をすることになるのです。しかし長期の入院を嫌がる人もいるでしょう。特に末期ガン患者であれば治る見込みはないけれども最期は自宅の布団の上で死にたいと思う人も多いのです。

 

そのような立場の方に、自宅療法を行えるように地域の医療機関との連携を図るのが退院調整看護師の役割なのです。退院調整看護師は退院してから病気やけが、自分の障害と向かいあって生きていく患者さんのサポートをするのが主な業務内容です。また退院後の患者さんは支援なしでは生活が出来ないことがほとんどなので、地域の医療機関や介護施設、事業所の利用ができるように退院する前に色々と準備をしなければいけません。

 

その支援施設の手配や準備などを行うのも退院調整看護師の仕事です。退院調整看護師は退院支援に向けて段階を追って支援をしていきます。患者さんの今の現状と家族の希望を聞いたあと、支援に必要な環境を整えていきます。退院調整に向けて具体的に退院に向けてのサポートをまず行います。本人や家族の希望をきいて理解を求めていきます。今の現状を受け入れ納得した上でどのようなサービスや支援を受けるのかを具他的に話を聞きながらさぐっていきます。

 

そして退院後に患者さんが受けられる地域支援や医療サービス、介護施設先などと連携を行います。退院後の患者さんがいつでも利用できるように患者さんと施設との仲介役になるのです。

 

そして、必要であれば利用している医療機関や介護施設から病院に向けて連絡が通るように情報が共有できるように各施設において患者さんのことや病気の特徴など情報を共有させておくのです。退院後の生活支援をサポートするのが退院調整看護師の大事な仕事内容になります。

退院調整看護師とは 〜仕事内容・役割〜記事一覧

調整退院看護師の一日の流れはどのようになっているのでしょうか。とある退院調整看護師の一日の仕事の流れを見てみましょう。朝8時45分出勤をします。朝は9時からの始動ですが、余裕を持たせて早めに出勤をするのが日課になります。9時ナースとの打ち合わせ、入院患者、担当患者の体調の管理や状況変化などにおける情報の伝達や夜勤でのトラブルなどがなかったかナース同士での打ち合わせをします。9時30分 担当患者さん...

このページの先頭へ戻る