広島県で退院調整看護師を目指すなら〜求人探しの予備知識〜

看護師の仕事の中には、入院患者が退院するのにあたり、今までの病院生活から、退院後の自宅での生活をスムーズに生活することができるサポート的な役割がある業務があります。
それは特別に退院調整看護師と呼ばれるものです。

 

退院調整看護師は、病院退院後でも自分の病気やけがに向き合っていく患者さんをサポートするため、地域で利用できる医療機関や介護施設、事業所などと連携して業務にあたるのです。

 

現在は、看護師が退院調整看護師としてスムーズに業務が行えるように研修会を開いたり各セミナーに参加させたりして看護師のスキルアップをはかっています。

 

広島県でも例外ではありません。
広島県では広島市民病院、広島県尾道市因島中庄町の因島医師会病院などで、退院調整を行える求人を募集していることも多いです。
総合病院では色々な患者さんがいるので、その患者さんの要望などに答える必要があるので、退院調整スキルがある看護師を必要とします。

 

退院調整が必要な背景は、平均寿命が延びたことによって、高齢者が増えたこと、また3人に1人は癌でなくなる時代になってきたことです。そのためだれでも癌になる可能性があります。末期ガン患者であれば、余命を病院ですごすよりも住み慣れた自宅で過ごしたいという方がほとんどです。

 

そのような方のためにも退院調整ができる看護師が必要になってくるのです。

 

退院調整看護師は、退院後、患者さんが安定した生活がおくれるようにサポートをするのが主な業務内容です。それには療養指導や栄養指導、薬の服用による指導などが含まれています。

 

また病院の中にいたときは定期的にリハビリなどを続けてきた患者さんであっても退院後はそのケアが出来ません。
自宅で自分でできるリハビリや体操、ストレッチなどを指導することで入院していたときと同じ効果がある運動などを継続して行ってもらう必要があるのです。

 

退院調整看護師は患者さんの退院に向けて本人や家族の希望を聞いて必要な支援をしてきます。それをもとにして退院に向けたサポートを行っていくのです。また退院後介護が必要になる患者さんには地域施設の活用などを紹介をしたり利用に向けての準備やサポートも行っていきます。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る