神奈川県で退院調整看護師を目指すなら〜求人探しの予備知識〜

退院調整看護師とは、看護師の中でも入院をしている患者さんが退院に向けて今までの入院生活から退院後の普通の生活に戻れるようにサポートするのが主な業務内容です。
退院してもなお、病気やけがで障害を追っての生活を強いられる人や、退院後もリハビリが必要という方に病気と向き合って生活するサポートを行うのが退院調整看護師の主な仕事内容です。

 

 

退院調整看護師の求人は、地域連携室や、地域医療連携室、退院調整室などとして募集がかかっています。しかし、普通の看護師よりも給料の単価が少しやすいように思います。

 

退院調整看護師の業務内容はいくつかの工程に分かれています。

 

患者さんが退院をすることにより環境の変化や本人の希望を聞いて、今後必要な支援の内容を考えていきます。支援については家族と情報を共有していくことになるので、入院期間中に情報を共有することになります。

 

退院後も継続して治療を行っていく上で、家族のケアやサポートが大切になってきます。退院後はどのような支援をご家族の方や患者さん本人が希望をしているのかを把握する上で、希望に近い方向でプランニングを行っていきます。

 

また、この時に家族の方がどのようなサポートができるのかも把握する必要があるので、退院調整看護師は患者さんを迎える患者家族に対しても綿密な話をすることになります。

 

退院調整看護師は、インターネットでも結構情報が豊富にあります。その中で、神奈川県立足柄上病院などは地域医療連携室での求人を募集していたり、協立病院などでは地域連携事務を募集しています。

 

磯子中央病院では、退院調整看護師という名前での募集ではなく、退院支援看護師としての正職員求人が出てきます。

 

退院支援看護師も、退院調整看護師と同じ意味合いがあるので、仕事を探す時は一つの求人で探すのではなくて、名称が色々あるのでより多くの求人を見ることで自分がしたい看護師の仕事内容を見つけることができます。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る