埼玉県で退院調整看護師を目指すなら〜求人探しの予備知識〜

看護師の仕事の中の一つに退院調整看護師というものがあります。
この退院調整看護師は、自分らしくあるために病院の入院ではなくて、自宅での生活を目的としているのです。

 

公益社団法人の埼玉県看護協会では、看護師や保健師のスキルアップのために色々なセミナーや研修会を設置しています。

 

埼玉県看護協会に登録されている看護師や保健師の人数は約21000人で、それぞれのスキルにあった、また目的にあったセミナーを受けることが可能になっているのです。

 

実際に退院調整が必要な患者さんというのはどのような患者さんなのでしょうか?すべての入院患者さんにおいて、退院調整が必要というわけではないのです。

 

退院調整が必要な患者さんというのは「末期ガン患者」「高齢者」「神経系の難病・小児難病をもつ子」などが、この退院調整を必要とするのです。

 

末期ガン患者においては余命が少ないことが多いので、残りの時間を病院のベッドの上で過ごすよりも、リラックスできる自宅で過ごした方が残りの時間を安心して過ごすことができるでしょう。

 

また、80代後半や90代になるとよほど元気なお年寄りでも衰弱して行きます。このような高齢者も生活できるうちは、自宅での生活を希望します。
そして神経系の難病、精神疾患をもつ患者も長期入院生活をするよりも、自宅での生活を希望する人がほとんどです。

 

このような患者さん達には退院調整看護師が患者、家族と介護施設や医療施設などの間に入り、どのような医療を希望するのかを調節していくのです。

 

埼玉県秩父市内の病院や越谷市では、地域連携室での募集をしていたり、退院調整室の求人を見かけることがあります。
総合病院の一般病棟勤務が多くなっています。入院患者の中に高齢者や末期ガン患者も多いので、その患者さんと家族とが残りの生活を気持ちよく過ごせるためにも全力でサポートをしていかなくてはいけないのです。

 

そのためには知識とスキルが絶対的な退院調整を身につけておく必要があるのです。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る