札幌市で退院調整看護師を目指すなら〜求人探しの予備知識〜

退院調整看護師というのは、日本看護協会が認定をしている資格の一つです。退院調整看護師の仕事は、世間ではあまり知られていませんが、とても大切な役割があります。

 

例えば、病気の治療のために患者さんが入院されていて、退院することが決まった時、自宅での療養やリハビリ、治療の継続などをしていかなくてはいけません。

 

そのような時に、退院調整看護師は退院を予定している患者さんの容態を確認し、入院をしている時期から退院に向けての準備、患った疾患やけが、病気や傷、障害の具合を認識し、患者さんのサポートを行うために退院後の医療機関や介護施設などと連絡を取り合い業務を遂行するのです。

 

退院調整看護師はまだまだ認知されていませんが、北海道札幌市では、この退院調整看護師の育成のために看護師に研修会を開いたりセミナーを受けさせたりして、看護師養成に力を入れています。

 

例えば市立札幌病院では、退院調整のために医療ソーシャルワーカーが対応していたります。

 

退院調整看護師は状況調査と判断を明確にできること、退院に向けた支援が的確にできること、支援サービスの調整などを事前に調査しておくということが大切な業務内容になります。

 

入院されているときは、病院内での生活がほとんどですが、退院すると家族を含めて患者さんのケアや身の回りのお世話をする必要があります。そのような時家族の方周囲の方との情報交換や日々のコミュニケーションが大切となるのです。

 

そして、退院しても尚、継続して治療をしていかなければいけない時に、周りのサポートは大切です。
そのために退院後も利用できる機関をしっかりと把握したり連携をする必要があります。

 

札幌市にはたくさんの総合病院があり、その中で、退院調整看護師の仕事を募集している部門や求人がたくさんあります。
今、札幌は人口も多く病院も豊富にあります。また高齢者医療で寿命がのびつつあるので、しっかりと周りが支える体勢が必要になるんですよね。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る