大分県で退院調整看護師を目指すなら〜求人探しの予備知識〜

大分県在住の看護師人数は約9800人以上おり、全国平均をみても、平均以上の看護師が在籍しています。

 

二次医療圏として、北部、中部や南部、東部や豊肥、西部として6つの医療圏が設置されています。
大分をはじめ、他の九州圏内の看護師人口は平均を上回っているところが多く大分も看護師の在住は全国8位にランクインしています。

 

そのため病床数についても基準病床数を上回っていることもあることから、看護師一人一人の勤務状況も良く、看護師にかかる患者の負担も他の地域よりは少ないはずです。

 

看護師として充実した働き方をしたいのであれば、大分県など、地域医療に余裕がある場所での職場探しが理想的です。

 

看護師の中でも、退院調整看護師は地域医療連携室や退院調整室で勤務をする看護師です。

 

退院調整看護師になるためには、看護師資格があれば誰でもなれるチャンスはあるのですが、退院調整看護師として働くためにはセミナーや研修を受けなくてはいけません。

 

セミナーや研修を受けられる条件としてあげられるのが、看護師として勤務をして5年以上というような制約があることです。

 

大分県看護協会でも、看護師実務経験5年以上の方を対象とした退院調整看護師として育成をするためのセミナーや研修などを多数設けています。

 

大分県看護科学大学や、大分大学医学部看護師などでは、訪問看護実習や退院調整看護実習などたくさんの実習項目を設置することで、看護師としてのスキルアップを図っています。

 

特に力をいれている分野が訪問介護と退院調整看護です。今お年寄りや末期の治療で病院に長い間いても回復の兆しがない病状の患者さんも多く見られるようになりました。

 

そのような患者さんは病院のベットの上で過ごすよりも少々不便でも自分らしい生活をするために自宅での生活を希望される人が多くなっています。

 

患者さんのために利用出来る医療機関の手配などの退院調整看護師の育成と、退院後のケアのために訪問看護の育成に力をいれています。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る