宮城県で退院調整看護師を目指すなら〜求人探しの予備知識〜

看護師の仕事内容には、一般病棟で患者さんのお世話をするだけでなく、色々な業務を行う看護師がいます。その中でも特別な内容として退院調整看護師というものがあります。

 

今日本国内では、子供の数が減って高齢者の寿命がのびてきたことで、高齢化社会が深刻さをましています。高齢者が増えると利用される医療機関がどうしても、増えてきます。
病院には入院患者がたくさんになってしまうのです。

 

しかし、高齢者の場合、長期間緊急を要する治療を施さなければいけない患者さんが多いわけではありません。一時は応急処置のようなことをしたあとは経過観察というのも少なくないのです。
そのような場合であれば、ずっと病院で入院するわけではなく退院をして自宅で経過観察を行うというのも少なくありません。そのようなときには退院調整看護師の指導の元で、自宅や地域医療センターなどで療養が行えるように調節をするのです。

 

また自宅での療養を行うのは高齢者だけではありません。治る見込みがない末期のがん患者さんもそれにあたります。
いくら病院で治療をしても治る見込みがないような患者さんは残りの時間をどう過ごすのが良いかと言う方が大切になってくるのです。

 

このようなときは退院調整看護師の力が発揮されるのです。
宮城県の病院内では病院によって体勢は違いますが、退院調整室や地域連携室に専属の看護師を配属させていることが多いです。
退院調整を行える看護師は患者さんと、受け入れる家族のことを考えると、とてもデリケートな問題なのです。そのため、誰でもできる業務ではありません。
現場をたくさんみてきて、ある程度のコミュニケーション能力があるトータルの看護師勤続年数が5年以上の看護師が対象となります。

 

宮城県の総合南東北病院や気仙沼市立病院では、看護師としてある程度のスキルがある看護師を地域連携室の配属とするように一定の経験を積んだ看護師の求人を出すことがあります。
このような看護師の求人は総合南東北病院のような大きな総合病院がほとんどで、病床数も多い病院に限られているように思います。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る