長崎県で退院調整看護師を目指すなら〜求人探しの予備知識〜

長崎は昔から貿易などで栄えている地域でもあるために、人もたくさん住んでおり工業も大変発達をした都市です。
長崎県は人口4,105.75平方kmのところに、約1400万人の方が暮らしています。
長崎県の中には県庁所在地の長崎市をはじめ13の市で出来ています。長崎県の特徴としては古くから貿易が盛んだったこともあり工業などが発達をしています。

 

長崎県でも地域連携室を設けている病院は多く、看護師は退院していく患者さんとその家族が住みやすく、生活しやすいように退院までに退院調整を行います。

 

退院調整室は個人の病院では設置されていません。だいたいは、総合病院や大きな私立病院などで設置されています。

 

たとえば和仁会病院や長崎みなとメディカルセンターセー市民病院、医療法人昭和会 恵美須町病院などの大きな総合病院ではガンの治療や退院していく患者さんの緩和ケアを行っています。

 

退院調整室のやくわりとは、転院の相談をしたり、患者さんが他の病院を診察したり他の医療機関を利用出来るようにするために紹介状をかいたりします。また退院後に利用出来る医療施設を調べたり、広報活動、退院調整相談や家族とのケア方法について積極的にアドバイスを行うのが主な業務になります、

 

またこの退院調整室の設置の目的は患者さんと医療機関との橋渡しや、治療の経過を報告する、医療、福祉、介護相談などを患者さん、またはその家族から受けやすくする、地域ケア対話などへの参加をする意義などがあります。

 

このような調整室で働く退院調整看護師はだれでなれるわけではありません。看護師経験がある程度あり(目安は3〜5年程度の実務経験がある人)、患者さんとの関わりが大きい、今までに治療に専念してきた患者さんのサポートをしてきたような看護師が選ばれます。
退院調整看護師として働くには地域や医療機関で開催されるセミナーや研修を受ける必要があり、知識や技術を習得しなければ退院調整看護師としての配属は出来ません。
またケア療法に適していると上司から判断されればセミナーなどを受けるように促されます。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る