東京都で退院調整看護師を目指すなら〜求人募集の探し方〜

退院調整看護師のニーズが高まっていることはご存知だと思います。ある調査によると、病床数の多い(500以上)の大規模な病院や急性期病院では、退院調整の部署・部門が設置されていて、率先して退院調整看護師を採用する傾向にあるようです。

 

ここでは、東京都に退院調整看護師をいろいろな角度から見ていきますが、病院総数600を超える東京都は、緊急・重症な状況にある患者に高度な医療を提供する急性期病院もかなり多く抱えています。また、大規模な病院も多く、他府県よりも退院調整看護師数は多いようですね。

 

東京女子以下大学病院、東京医療保健大学、東京慈恵会医科大学附属青戸病院などは退院調整部署(地域連携室、退院調整室)を持っていて、病院全体が退院調整看護師に関する研究を活発に行っているようです。病院によっては、全ての看護師が退院調整能力を持つべき!とも言っています。

 

あるサイトにおける東京の看護師求人は55000件ほどにも上ります。もちろん、これは病院などの医療機関だけでなく、様々な分野での看護師募集も含まれます。これだけの数があるにもかかわらず、退院調整業務がある求人は本当にわずかな数しかありません。

 

ただし、これは単に求人数が少ないと短絡的に決めつけるわけにはいかないのです。つまり、簡単に言うと、看護師求人の多くが詳細な配属先まで記載しておらず、採用後の配属先がどうなるのかわからない、ということなのですね。さらに、現在抱えている看護師に退院調整の学習をさせ、そのポジションに就いてもらうという病院も少なくありません。

 

そうであるのならば、闇雲に求人を探しても良い結果が出るとは到底思えませんね。まず、退院調整部門のある病院を把握することが大切ですが、これはそう簡単には行きません。そこで看護師専門の人材紹介会社などを利用することが考えられるわけです。

 

例えば一般求人サイト(ハローワークなど)は、就職活動に対するアドバイスやフォローはしてくれません。看護師専門の転職サイトは、的確なアドバイスなどを行ってくれますので、退院調整業務に向いているあなたを強力にバックアップしてくれる可能性があります。

 

退院調整看護師数が比較的多いとされる東京都ですが、実際に退院調整看護師として就職するのはとても難しいです。目指している方は、このようなサイトを上手く使っていくのもいいかもしれませんね。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る