茨城県で退院調整看護師を目指すなら〜求人探しの予備知識〜

今茨城県をはじめとして、日本全国では高齢化社会がどんどん深刻化していっています。
若い世代の人が結婚をしない、子供を産めない状況が続いていることもあるので子供の数自体も減ってきているのです。

 

それに加えて高齢者の寿命がのびてきていることでも、医療機関を利用する人の数も増えているのです。医師不足や看護師不足も申告です。

 

看護師においては茨城県をはじめ、各都道府県では看護師育成に力を入れているところが多いです。
一つの仕事しか出来無い看護師よりもあらゆる分野の知識がある看護師の方が一人で何役もこなすことができますし、人件費の削減にもなるからです。

 

茨城県では、看護師にスキルアップ目的で色々な研修を受けさせて知識の習得をさせているところがあります。例えば退院調整看護師養成研修などを5日間の日程受けさせているところもあります。

 

退院調整看護師の研修やセミナーは誰でも受けられるものではありません。一定の経験をした看護師でないと受けることが出来ません。
その条件は看護師としての実務経験が5年以上あることが条件になっているようです。
茨城県の県西総合病院や協和中央病院ではこのような退院調整が行える看護師の育成に力を入れています。

 

このような大きな総合病院では、病院内に退院調整室や地域連携室と言うのがあり、だいたい一人の看護師が専属として配属されうることが多いのですが、患者さんに退院後の適切なアドバイスや使用することができる医療機関などを把握するためにも重要な役割を担っているのです。

 

退院調整看護師は一つの病院内の退院調整室に専属看護師が1人配属されることが多いので、ポスト的にはベテラン看護師が選ばれることが多いです。
実際地域の医療機関との連携と退院後も治療を続ける患者さんと、その家族とのコミュニケーションを取らなければいけません。
場合によってはとてもデリケートな問題に直面することも考えられるのです。
そのように考えるとこれまで培われてきた豊富な看護師としてのスキルが求められるので選出される人材もおのずと決まってくるのです。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る