鹿児島県で退院調整看護師を目指すなら〜求人探しの予備知識〜

看護師の業務の中でも退院調整看護師と呼ばれる方々がいらっしゃいます。
退院調整看護師の業務内容は、入院生活をされている患者さんの退院に向けてのサポートとお手伝いをすることです。
患者さんは、自分の疾患や障害があっても、最期まで自分らしくありたいと思われている方が多いです。例え治らない病気であっても入院生活で終わらせるのではなく、最期まで自分のしたいことをしておわりにしたいと前向きに生きている方々も多いです。
そのような方達の退院後の生活のサポートをお手伝いするのが退院調整看護師の役割であるのです。

 

そのため、退院調整看護師の仕事内容は、治る見込みがない病気の患者さんであっても、病院での入院生活を送るのではなく、退院して自宅で自分らしい生活がおくれるようにサポートをすることなのです。

 

患者さんにとって、治る見込みがない病気と抱えて一生を病院のベッドで過ごすことを苦痛に感じる人も少なくありません。そのような方のためにも、退院調整看護師の必要性が問われるのです。

 

鹿児島県のとりわけ公益社団法人鹿児島県看護協会では、看護師に退院調整スキルを身につけさせるために積極的に退院調整の研修をしたりセミナーを開いたりしています。

 

退院調整を必要とするのはすべての入院患者に必要というわけではありません。退院調整が必要な患者は治る見込みが少ない病気をもつ人です。つまり末期ガンや、足を切断したりした怪我や事故を負った人が対象となります。

 

退院調整という名前で求人を探すと、それほど多くの求人数を見つけることが出来ません。地域連携室や退院調整室というキーワードで調べてみるとかなりの数が見つかります。

 

たおえば国立病院機構鹿児島医療センターや大島郡医師会の大島郡医師会病院などが求人の募集をしています。
これらの募集が入るのは当然病床を抱える大きな病院がほとんどです。

 

個人病院で入院できるようなところは大きな総合病院に患者さんを搬送するケースが多いので、鹿児島県で退院調整看護師の求人をさがすなら、退院調整室,地域連携室というのがキーワードになります。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る