退院調整看護師の養成研修・セミナーに参加しよう!

退院調整看護師として働くために、看護師資格を所有している人が、セミナーや研修会に参加してスキルアップに励むことはよくあります。特に最近では、病院で長い時間入院をしている人や、末期ガンの患者さん、それに老衰して病院にいても回復の見込みがない方が自宅での療養を希望して退院される人もいます。

 

そのため退院される方のケアや準備を行う退院調整看護師の育成に各病院が力を入れているのです。

 

退院調整看護師の養成研修やセミナーを行う目的としては患者さんの個性を配慮した上で生活支援を行う看護の支店を養う目的。また退院調整看護師の役割を理解して調整できる能力を養うことを目的としています。具体的な例を下記に挙げます。

 

  • 退院調整看護師は退院の支援に必要な制度や社会貢献の活用場所や利用方法について理解をする。
  • 患者や家族の意思を尊重して退院調整とはどのようなものなのかを理解する。
  • 病院全体で取り組む退院調整へ向けてのスキルアップを目的とする。
  • 患者・家族が必要とする退院調整への方向性を導きだす、また入院から退院後の生活を視野に入れて具体的な退院調整が行える。
  • 退院調整の理解は評価が出来る。

 

このような理解ができることを最終的には目標としています。

 

退院調整セミナーや要請研修に参加できる看護師には制限があります。看護師実務経験が通算5年以上ある看護師、施設内で退院調整を担う看護師職として活動している者、または予定の者が受講できる条件になります。

 

特に看護師実務経験5年以上というのはどこのセミナーや研修会の受講要項をみても条件として挙げられています。ある程度の看護師スキルがある人でないと退院調整看護師としては勤務出来ないという背景をみて取ることが出来ます。

 

申し込みが各看護師協会が率先して行います。自分から病院に申し出て参加することもあれば、病院側から講習を受けるようにとの支持をもらえる場合もあります。いずれにしても看護師としてスキルアップ資格です。これからの世の中には必要になってくるスキルでしょう。

退院調整看護師.net | 求人募集ガイド


このページの先頭へ戻る